エステナードMOMO ROSE 比較

エステナードソニックMOMOとRoseの違い

エステナードソニックは、家庭用の美顔器です。

 

初代機種のホワイト、2番目はMOMO、現在の最新機種はRoseです。

 

ホワイト、MOMO、Roseの3機種がありますが、現在ではホワイトは販売終了になっています。

 

 

ここからは、MOMOとRoseの機種について、その特徴や違い、実際使ってみた感想をご紹介していきます。

 

ピンクのボディ色で女性ホルモン活性化のMOMO

2011年頃に販売した、MOMOの機能として以下のような機能があげられます。

 

スキンセンサーや18金コーティングの3Dヘッド、360℃アームの機能が新しく追加され、ヘッドが動くために小鼻周りの複雑な形の部分もケアが簡単になりました。

 

ヘッドも18金が使われることで金属アレルギーの方など肌の弱い方でも安心して使えるようになりました。

 

周波数も1メガヘルツから最大5メガヘルツまで広がり、それまでは1メガヘルツの美顔器がほとんどでしたので、トリートメント効果には文句ありませんでした。

 

そして、MOMOの一番の特徴は、そのボディ色。

 

ピンク色のボディーは、女性が好む可愛い”だけではなくて、その色彩を感じることで女性ホルモンが活性化する効果も狙っているので、特に女性ホルモンが減少してくる60代や70代の女性に人気でした。

ほうれい線対策は、絶対Rose!

2012年5月にエステナードソニックの最新機種Roseが販売開始されました。

 

Roseの特徴はマルチウェーブ機能の振動数がこれまでの倍近い、最大毎秒800万回という、8メガヘルツの周波数を実現しました。

 

さらには、自動スキンセンサー機能のディープダイブ機能では特許も取得しており、肌の乾燥した部分に効果的に保湿を与えます。

 

Roseなら肌の奥までしっかりと水分を届かせて潤いをもたらします。

 

そしてリフトモードは、従来の2倍を実現し、ほうれい線の気になるお肌をしっかりリフトアップしてくれるようになりました。

 

操作ボタンも、これまでの2つボタンの組合せによる選択から、1つのボタンをプッシュで切り替える方法になり、操作方法も簡単。

 

電池と電源アダプターの両方使えるようにもなり、電池残量が減るのと共に自然とパワーが落ちてしまっている、なんてことも避けられるようになりました。

MOMOとRoseの比較

MOMOとRoseのどちらを選ぶのか。

 

どちらも優れた機能を搭載しているため、選択される方はデザインで選ばれる方もいるようです。

 

わたしが使ってみた感想ですが、実際に両方を使ってみるとわかるのですが、操作の簡単さ、機能のパワーアップという点で、やはりMOMOよりRoseが優っていると感じます。

 

その理由としては

 

ヘッド

 

ヘッドの金属部分は、Roseが直径32ミリ、MOMOは35ミリで、3Dヘッドの可動域はRoseの方が大きく感じられます。

 

この2つを使い較べると、使いやすさという観点ではRoseの方が1枚上でしょう。

 

ただし、この差は単独で使うとほとんどわからないかもしれません。

 

それと、Roseのトリートメントモードを使うとヘッドは少し暖かくなるため、ジェルがその熱で蒸気に変ってイオン効果が上がります。

 

MOMOはヘッドは冷たいままですから、Roseのような効果はあまりありません。

 

 

ボタン操作

 

操作性は、Roseの方が絶対イイです。

 

MOMOは操作するためのボタンが2つ(ソニックとイオン)あります。

 

・トリートメントとリフト:ソニックボタン1回押し+イオンボタン1回押し
・使用後:ソニックボタン1回押し+イオンボタン2回押し
・クレンジング:イオンボタン2回押し
・使用後:イオンボタン1回押し

 

この組み合わせを覚えなきゃいけないので、ちょっと面倒。

 

2つのボタンの組合せで動作が変わるので、使い勝手は悪いし、しばらく使っていない時なんか、ボタンの組合せを忘れてしまったり、なんてこともあります。

 

それに反して、Roseの場合は、操作ボタンは1つだけ。

 

動作はボタンを押す回数で動作を変えるだけなので、覚えやすく、使いやすくなりました。

 

 

操作音

 

MOMOもRoseもボタンを押すとピッという音がします。

 

MOMOの音の方がやや大きめの高音で、Roseは少し控えめの音でMOMOほど高い音ではありません。

 

ですから、家族が寝た後の夜中に使う場合には、MOMOだと隣の部屋の家族を起してしまうのでは、と気になるかもしれません。

 

 

重量

 

MOMOは136g、Roseは145gで本体重量の差はわずか19gなので、その差はあまりありません。

 

しかし、Roseは電池ではなく電源アダプターを使えば電池の重量がなくなります。

 

電池重量も入れて比較すると、MOMOと電池なしRoseでは、単3電池4本分の差があります。

 

しかし、電池を入れても手が疲れるほどの重さにはならないので、電源アダプターを引きずらなくて済む電池入りの方が、私は好きです。

 

 

 

敢えて、2つの比較を行ってみましたが、今回のヘッドの差は私にとっても大きな発見でした。

 

MOMOがいいのか、Roseがいいのかは、エステナードソニックに、どの機能を重視するのかによって異なります。

 

極端に肌が弱いとか金属アレルギーの心配がある人は別として、パワフルさや機能の面において新機種のRoseを選択するほうが良いと思います。

 

 

初回980円と試しやすく、30日以内なら返金も可能

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ